不妊漢方で妊娠!子宝の土屋薬局

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。

ココログ版漢方(無名)コラム・2007

中国地方に行っていました。

おはようございます。 土屋です。 連休中にお休みを頂きまして、雪降る山形から、 伊丹空港に降り立って、中国地方へ旅に出ていました。 美作の奥津の風情や三朝、そして三瓶山のふもとの湯抱旅館の 中村旅館さんに泊まり、千原、温泉津、有福へ。 昨日は、…

店内の模様替えと初雪の日々

おはようございます。 土屋です。 日曜日の夜から初雪となり、 断続的に雪が続いております。 今シーズンは、「カメムシ」が大量に発生したという情報もあり、 雪が多いことを覚悟していたのですが、「やっぱり」という感じです。 先日、来店されたお客様は…

メールマガジンより…風邪の対処法、土門拳さん

みなさま、おはようございます。 土屋です。 今週は寒波がやって来て、寒くなりそうですので 風邪などお召しになりませぬよう、ご自愛くださいませ。 さて、本日15日刊行のメールマガジンを先ほど作成しました。 今回も落とさずに頑張りました。 では、私…

九州から帰ってきました。

九州から帰ってきました。 福岡空港から降り立って、友人の新婚夫妻と一緒に、 横断してきました。 福岡、大分、宮崎で、最後は鹿児島空港から帰路について 無事に帰ってきました。 今、心に残る風景は、大分の九重町の山村部の美しさや街道に咲く彼岸花、 …

稲刈り

<2006年9月29日撮影 観音寺より大森山と若木山の眺め> すっかり稲刈りの季節で、早いもので、黄金色の田んぼも収穫が始まっています。 これからより深まり行く秋へ、そして収穫物も種になり、 地中深く眠る冬へと、季節が移り変わっていきます。 右…

米作りと岩木山と彼岸花

<2007年9月24日撮影 岩木山 三本柳温泉周辺から> 久しぶりに津軽を訪れて、秋晴れの岩木山を眺めてきました。 やはり気持ちがいいです。 岩木山は雄大で、山の稜線は空の青さを切り取るように、 穏やかな曲線を描いています。 私、富山県でも感動し…

サトちゃんムーバー

今朝、メールで嬉しいコメントを頂きました。 「サトちゃんと一緒に撮った写真、今日届きました。沢山撮って頂きありがとうございました。娘も喜んで何度も写真を広げて見ています。(*^_^*)メールで失礼します。これからも宜しくお願いします。」 先日、2歳…

朝顔とのぼり

<2007年9月11日撮影 土屋薬局駐車場> 台風9号の爪跡(つめあと)です。 強風と豪雨のために、すべてののぼりが駄目になりましたので、 昨日の10日に新調しました。 「のぼりとイブ」から2ヶ月でのモデルチェンジです。 この静岡中医薬研究会の…

夏の終わりの雲

<2007年8月21日撮影 土屋薬局の正面向かい 農協スタンド大空見上げ> 山形の夏の太陽が、真っ赤な叫び声を上げて沈んでいきました。 あっという間の出来事で、地球上はなんと美しいのかと思う瞬間でもあります。 小さい頃から雲を眺めることが好きで…

<2007年8月16日撮影 東根市フルーツライン> 今年は、桃の花を撮り忘れましたが、 私は桃の花や果実が大好きです。 いつもこの道路を通るたびに、桃の畑に目が行ってしまいます。 岡山や福島の桃の本場にはかないませんが、 今日は私の地元の桃をご…

のぼりとイブ

昨日から雨も上がり、快晴でしかも湿度が少なく、 快適な気候となっている山形です。 梅雨明けのニュースも聞かれるようになり、 昨日は天候も良かったですので、スタッフがお店の周りの 「のぼり」を交換してくれました。 今日は、土屋薬局の駐車場の「のぼ…

新潟と地震と

土曜日に、新潟市からお客様一家が来店されました。 数年前に結婚10数年経過しても授からないとのことで、 遠方であるにも関わらず、当店に来店して頂きまして、 その結果、「病院の治療のバックアップ漢方」でお子様を授かり、 先日は家族も増えて賑やか…

「ねじ花」と「ねじ式」と

我が家の庭では、先週から勢い良く、 「ねじ式」ならぬ「ねじ花」が咲いています。 昨年も「ねじ花」が咲いている姿を見ていて、 ホームページにアップしたいなあと思っていましたが、 とうとうアップせずに月日が過ぎてしまいました。 この「ねじ花」の咲く…

「運命の女神」が微笑みました。

我が母校の星薬科大学に勇気を振り絞って、 6月27日に15年ぶりくらいに訪問してきました。 時は流れ、戸越銀座の街並みもすっかり変わり、何一つ知っているお店が無い中、 (ボーンマスも養老の滝も無かった!)コーヒー屋さんで1時間くらい精神を統一…

つばめの子供

<2007年6月25日撮影 土屋薬局 正面看板見上げ> 最近、お店を閉めようとするときに、 頭上で鳥の鳴き声が聞こえてきます。 つばめの子供が、親の帰りを待っています。 遥か大空を見上げ、しきりに訴えかけるように 喋るように鳴いているのを見ると、…

李雲祥先生の思い出

昨日にメーリングリストで、著名な李雲祥先生の訃報が届きました。 … 李雲祥先生が6月18日にご逝去されました。 詳細にいてはまだ不明ですが(18日朝に倒れられ、午後1時にお亡く なりになったとお聞きしております)、ご葬儀等について連絡致します。…

さくらんぼ

<2007年6月19日撮影 場所:神町(じんまち)> 毎年、この季節が巡っていると、さくらんぼの話題になってきます。 東根市では、「さくらんぼ東根駅」「さくらんぼマラソン大会」 「さくらんぼ種飛ばし大会」など、「さくらんぼ」に関する建物や行事…

私の人生の快挙がありました!東大の論文に名前が載っていました。

おはようございます。 土屋です。 すっかり精神科医の高名な先生お二人のお話を、 ちょうど一番前の席で一生懸命聞いていたので、 私も認知行動力が上がりまして、とあることを思いまして、 思い切って私の東大病院時代の恩師2人にメールしてみました。 (…

室生寺に行ってきました。

先日、念願だった室生寺に訪れることができました。 以前にメールマガジンでも紹介しましたが、 土門拳さんの文章を引用させて頂きます。 「デモ取材と古寺巡礼」より しかし今の日本は問題が多すぎる。医者ならば、急患が多すぎるというところである。 ベト…

アマリリスが咲いています。

今年もアマリリスが咲いています。 昨年のアマリリスはこちらです。 夕焼けに真っ赤に咲いているので、 「この瞬間を」と思いパチリと撮影です。 真紅の赤みとは、このような色に例えるのでしょうか。 週末は、数年来構想していた室生寺を訪れていまして、 …

高峰高原からの富士山の眺め

昨日にプロフィールの写真を変更しました。 浅間山の高峰高原を訪れたときの写真です。 ちょうど富士山が見えて感激しましたので、紹介させて頂きます。 <2007年4月29日撮影 高峰高原からの眺め> 信州の佐久インターから降りて、高峰高原を目指しま…

PMS、ストレスが漢方で楽に。不妊、不育解決して妊娠出産

<平成19年5月21日撮影 若木山を登る道> 「こんにちわ。 かわいいアルバムありがとうございました。 早速使わせて頂きたいと思っています。 ココログでの紹介は、私も他の方のお便りを見て励みになったので どうぞ載せて下さい。 皆さんのお役にたてれ…

僕たちの頭の上には、雨が降りしきります。

前回の「北陸はいいところですね」に引き続き、 土屋薬局 中国漢方通信 メールマガジン第65号「編集後記」より、 写真を載せて再掲載します。 今回は、栗駒山方面から岩手に観光に訪れた話です。 息抜きにご覧になって頂ければ幸いです。 … ~メールマガジ…

雨降りの庭

<2007年5月19日撮影 我が家の庭> 今日は朝から雨降りです。 しっとりと小雨が降ります。 雨降りの新緑はきれいに見えます。 思うことあり、雨降りの中でのカメラの練習を兼ねてのコラム作成です。 天気予報も気になりながら、過ごしている毎日です…

大きな時計

昨日、大きな時計がやって来ました。 ばあちゃんの米寿のお祝い記念だそうです。 今までは、中国から贈られた「皿時計」を飾っていたのですが、 とうとう壊れてしまいまして、この柱の位置は「空白地帯」でした。 この場所に時計がありますと、私の仕事場か…

牡丹が今日も咲いています。

今朝は、私は星薬科大学の新緑のシャワーに包まれて 目が覚めました。 夢の中で学生の頃に戻っていたようです。 フレッシュな気持ちで、いっぱいです。 さて、昨日に処方箋のお薬を投薬しているときに、 ふと私が座った席から見た牡丹のアングルが、 とても…

牡丹が満開になりました。

「牡丹」「夕方の牡丹」に続いての二日目、今日は「第三弾」です。 昨日一日で「あっ」と驚くような咲き方をした牡丹が、 今日は2つの花とも満開になりました。 この牡丹の生長はとても早くて、きっと「花が開く」という現象だけでなく、 ふだんから私たち…

夕方の牡丹

本日2回目の更新です。 2つめの牡丹が夕方に花を咲かせました。 この生命力、成長するスピードには舌を巻きます。 「がんばって咲くね。去年で終わりだったと思っていた」 と母も感心するくらいに大輪の花を咲かせています。 ふだんも私たちの目に見えない…

牡丹

週末、栗駒の山のほうのランプの宿に泊まり、 ランプの下で仲間たちと懇談し、昨日は、 岩手県の奥州市、金ケ崎町、北上市を訪れて、 岩手のきれいな緑のシャワーの街道を車で走り抜けてきました。 今は、私の頭の中は最後に訪れた「夏油(げとう)」の大自…

北陸はいいところですね。

メールマガジンを月に2回刊行しています。 毎月、5日と15日です。 「土屋薬局 中国漢方通信 メールマガジン」からは、 過去のバックナンバーが読めるようになっています。 メールマガジンでは、私の「巻頭コラム」と「編集後記」に、 「とってもためにな…