不妊漢方で妊娠!子宝の土屋薬局

お客様と心の共有ができる温かい漢方相談が理想です。

卵胞発育不全|不妊と漢方薬

体外受精に卵巣機能回復。卵巣機能改善の若返り漢方

おはようございます。 ひどかった雨も上がり晴天になりました。 気持ちよい朝です。 山形県東根市の土屋薬局です。 気温26℃、最高気温は31℃、蒸し暑く感じる一日になりそうです。 さくらんぼと紫陽花の両方をみられる季節です。 2018年6月28日 山形県…

卵巣機能低下を漢方で改善。良いチャンスを捉え逆転のチャンスを狙う

シリーズ化してきたので、新しいカテゴリーを作りました。じゃん funin-kanpo.hatenablog.comこちらをクリックしてみると読みたい記事が選べます。 前回はこちらの記事でしたー。 funin-kanpo.hatenablog.com まとめると今回の山東省中医薬大学の先生は、南…

POF早発卵巣不全の漢方で妊娠4ヶ月!おめでとうございます!

おはようございます。 薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 昨年の平成28年9月に来店されたお客さまがいらっしゃいました。 よく覚えているのは午後2時のご予約だったのですが、早めに到着されて午後1時30分に土屋薬局に来店されたので、ちょ…

早発閉経、卵巣機能不全のお客さま妊娠4ヶ月や44歳で胎嚢確認!

おはようございます。 土屋薬局、今週もよろしくお願いします。 先週の土曜日は仙台から4組のお客様、そして東京世田谷のクリニックに通っている方が妊娠4ヶ月や44歳で胎嚢確認など個人的に子宝相談は感動が多かったです。 さて景品好評です。 ネックピロー…

仙台で「不妊漢方の子宝相談の基本」を学んできました。

おはようございます。 薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 昨日は仙台市で子宝相談の勉強をしてきました。 講師はイスクラ産業の劉先生。 不妊漢方相談の第一人者です。 先生ご自身の臨床経験もお話されて、理論と体験から難しい症例にどう対応する…

卵巣機能低下、卵巣機能不全、早発閉経のFSH高いとのきの子宝漢方相談

体外受精で卵が未成熟卵。なかなか治療が進まない子宝漢方相談 https://t.co/EivTTnW5i9— 土屋幸太郎 (@tutiyak) 2017年7月13日 FSH103。卵巣機能低下(不全)でFSH44から不妊子宝漢方で胚盤胞。妊娠出産! https://t.co/hKzkhTMW6s— 土屋幸太郎 (@tuti…

POF(早発閉経)の漢方検討会…悪性リンパ腫、急性骨髄性白血病

こんにちは。 薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 今日の2015年10月29日は午後から東京から何先生をお迎えして、漢方ミニ勉強会を店内でします。 最近は妻がおもに黄帝内経素問を習っていますが、私も何先生のお陰で中医学の理論が肌身につ…

体外受精の不妊漢方薬対応 。採卵失敗。空胞。変性卵、着床障害など

こんにちは。 漢方薬剤師、不妊カウンセラー、国際中医師のの土屋幸太郎です。 最近は5時頃には夕暮れとなり暗くなる山形です。 今日は2組のお客様がいらっしゃいましてそれぞれ体外受精をされているところへの「体外受精サポート漢方相談」でした。 両組…

変性卵、空胞が漢方で改善!…卵胞が球状に

こんにちは! 薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 天気の良い一日です。 お昼休みに若木山に行ったら、神町小学校の生徒さん達、大きな声で公園中を走り回っていました。 高齢者の人たちは、グランドゴルフに熱中するうららかな秋の日和です。 さて…

卵胞を増やす漢方、育てる。卵胞が楕円形の変性卵への漢方対策

こんにちは。 薬剤師、不妊カウンセラーの土屋幸太郎です。 涼しくなってきた山形です。 昨日に来店されたお客さま、人工授精を2回しましたが仕事をしているために通うのがなかなか大変とのことでした。 黄体ホルモンがちょっと少なめ、プロゲステロンを服…

FSHが高く、AMHが少ない。採卵時の空胞、変性卵対策に漢方サポート

不妊症治療の漢方相談。婦人科で体外受精で排卵誘発剤を使っても空胞、変性卵が多くて苦労。FSHが高く、AMHが少ないお客様、低刺激誘発でこれまで10回ぐらい採卵。採れたのは1個だけであとは空胞。ぜひ良い方法、アドバイスを教えて下さい。

胚盤胞までいかない、育たないので戻せない。漢方の体質改善の理由原因

不妊症の子宝の漢方相談。「胚盤胞まで行かないので戻せない」ということでした。ICSI(顕微受精)で胚盤胞まで5ついって、そのご判定日は陽性で、切迫流産で入院したものの、その後の経過は順調とのことで、今年の4月に出産のご予定だそうです。

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の体外受精。漢方で卵の反応を良くする

体外受精のときに卵巣がうまく反応しない。PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)がある。採卵してから6~8分裂までするのだから、卵さえきちんと採取できれば、今度はうまくいくでしょうとのことで、漢方薬で病院での成功率を高める併用方法を検討しました。